磯子、汐見台の接骨院_いのまた接骨院

いのまた接骨院元氣通信2月号

手書きの「元氣通信2月号」はこちら

アレルギー体質になりにくい身体作り

今となっては一年中、何かしらの花粉に反応してアレルギー性鼻炎を起こしやすくなっている時代です。
日頃の生活習慣を見直してアレルギー体質になりにくい身体作りを目指してみませんか?

まずアレルギー反応とは、体内に侵入した異物を免疫系統が排除する際、過剰に反応してしまい、くしゃみや呼吸困難などを起こしてしまう状態です。

スギなどの樹木に近づかないなど、環境に対策を取るのも大切ですが、今回は食事を見直してみましょう!

アレルギー体質の人は腸内環境の乱れが影響します便通の悪さや、お腹が冷えていると腸内フローラのバランスが崩れ、「腸管免疫」という仕組みが機能しにくくなります。

その結果、ウィルスや花粉などの異物に対処が上手くいかず、アレルギーの症状が出現します。

そこで腸内フローラのバランスを取る為、食物繊維に注目してみましょう。

水溶性と不溶性の食物繊維とは?

水溶性は便を柔らかくして排除をスムーズにする他、善玉菌のエサとなり、数が増え腸内が整います。

更に血中コレステロール値を下げたり、血糖値の急上昇を抑えます!

主な食材
果物、穀物、海藻など

不溶性は水分を吸収し、便をカサ増しすることで、腸が刺激され排便が促されます。

同時に有害物質も排出される為、がんなど身体の不調への予防も出来ます。

主な食材
野菜、豆類、キノコなど